理系大学生におすすめのキーボード5選を紹介|現役理系大学生が解説

ガシェット

今回は大学生におすすめのキーボード8選を紹介します。


現役理系大学生である筆者の経験も踏まえて、ポイント別に厳選したので是非参考にしてみてください!

学生限定のお得情報

大学生なら「Prime student」に必ず入るべきです。

月額250円でamazonプライムの特典が受けられます。

最初の6か月は無料で利用できる
書籍が最大10%オフ
・Prime Readingで電子書籍が読み放題
・Primeビデオで映画、アニメが見放題
文房具が最大20%オフ

私も現在prime studentを利用していますが、参考書の割引だけで余裕で元が取れる最高のサービスです。

6か月無料でprime studentをお試し

スポンサーリンク

理系大学生がキーボードを選ぶうえでのポイント

テンキー付きのキーボードがおすすめ

理系大学生はテンキー付きのキーボードを選ぶようにしましょう。

理系大学生は数字を入力する機会が多いので、テンキーがあると数字入力の効率を大幅に向上させることができます。

テンキー付きのキーボードは幅をとりますが、数字入力に関してはテンキーのほうが全然早いので理系大学生はテンキー付きがおすすめです。

スポンサーリンク

有線か無線か

キーボードの接続方式は無線、有線の2種類があります。基本的には無線式のキーボードがおすすめです。

無線式のキーボードのメリットは配線の手間がなく、またデスクがスッキリすることです。特に、ノートパソコンに接続するつもりの人は毎回USBを接続するのはかなり面倒なので無線のキーボードをおすすめします。

有線式キーボードのメリットは充電または電池交換をしなくていいことです。正直最近の無線キーボードは、例えばこの後紹介する「ロジクール K295GP」は最長24か月の電池持ちと電池交換ので手間はないに等しいですのですが…

ただし、FPSゲームをする方など応答性(遅延のなさ)にこだわりたいという人は有線式のキーボードがおすすめです。

応答性に関してですが、普通に使用する分には無線のキーボードも多くは遅延を全く感じないです。個人的には、私は「HHKB Professional HYBRID Type-S」というキーボードを無線接続してAPEXというFPSゲームを遊ぶことがありますが、遅延を感じることは全くないです。

ストロークの深さ

最後に、ストロークの深さについてです。ストロークとは、キーボードを入力するときの深さのことです。ストロークが浅いキーボードのメリットは

・文字入力が早い
・静音性に優れている

です。一方、ストロークが深いキーボードのメリットは

・タイプミスが減る
・打鍵感が良い

です。なお、ストロークが深いキーボードでも静音性に優れたモデルもあります。

作業用途では、タイピング効率と静音性に優れる「浅め~真ん中」の深さのストロークのキーボードがおすすめです。

スポンサーリンク

おすすめのキーボードを紹介

コスパ最強!王道 ロジクール「K295GP」

最初に紹介するキーボードはロジクールの「K295GP」です。こちらのキーボードの特徴は

・テンキー付きの無線キーボード
・2000円台後半とコスパがいい
・最大24か月の電池持ち
・程よいストローク
・静音性に優れている。
・防水性能あり

といったところです。下位モデルの「K275」との違いは静音性のみですが、作業をする上では静音性は集中力に影響する重要な要素なので、大学生の方にはこちらがおすすめです。

Macなら最有力!Apple「Magic Keyboard MQ052J/A」

Macユーザーの方ならやっぱりApple純正の「Magic Keyboard」は非常に有力な候補になるでしょう。

価格は13,000円ほどと高めですが、純正だけあって利便性という面ではやはりダントツです。Apple store公式だと15,000円ほどするため購入するならamazonがおすすめ。特徴は以下の通り。

・Mac、iOS専用
・テンキー付き無線キーボード
・1か月以上のバッテリー持ち
・USB充電式
・浅めのストローク

性能重視!ロジクール「KX800 MX KEYS」

2つ目に紹介するキーボードは同じくロジクールの「KX800 MX KEYS」です。こちらは1万円超えの高級なキーボードですが、性能を重視したいという方にはおすすめのキーボードです。特徴は以下の通り。

・テンキー付きの無線キーボード
・USB-C給電式(最大10日間、バックライトオフなら最大5か月間)
・指先の形状に合わせてくぼんだキーによりなめらかで精確な打鍵を実現
・最大3台のデバイスと接続
・接続したデバイス間でのデータ移動をマウスドラッグのみで実現


Amazonレビューで

「これよりいいキーボードは無い」

と言われるほど評判のいいキーボードで、特に指先の形状に合わせたくぼみのあるキーにより打鍵感が非常によく、また精確かつ早いタイピングができます。

ちょっと高くても、性能にこだわりたいという方にはおすすめの一台です。

こちらはWindowsとMac共通のタイプと、Mac専用のタイプの2種類があります。注意してください。

windows、Mac共通のタイプはこちら↓


Mac専用のタイプはこちら↓

とにかく安く!エレコム「TK-FFCM01」

「とにかく安いキーボードがいい!」という方は、エレコムの「TK-FFCM01」がおすすめです。約1,000円という驚異的な安さです。特徴は以下の通り。

・テンキー付き有線キーボード
・約1,000円という驚異的な安さ
・テンキー付きの中ではコンパクトなサイズ
・耐水性能あり

スポンサーリンク

ゲームにも!「Logicool G G512」

FPSなどゲームもするという方は、「Logicool G G512」シリーズがおすすめ。定番のゲーミングキーボードで、ストロークは深いです。価格は約1万円ほど。特徴は以下の通りです。

・テンキー付き有線先キーボード
・3種類のメカニカルスイッチから選択可能
・明確なクリック音と打鍵感
・約1,680万色から選択可能なライト色
・高い応答性でゲームにも

スポンサーリンク

さいごに

いかがだったでしょうか。今回は理系大学生がキーボードを選ぶうえで重要なポイントと、おすすめのキーボードを紹介しました。

本記事が少しでも皆さんの役に立てば幸いです。

それでは!ここまで読んでいただきありがとうございました!!

コメント